インターネット回線を利用したひかり電話について

インターネット用回線として、代表的なサービスにフレッツ光があります。現在、様々な通信事業者から光ファイバーによるインターネットサービスが出ておりますが、フレッツ光は各社のサービスに先駆けてサービスが開始されました。

 

フレッツ光は、インターネット接続だけではなく、他のサービスにも利用をすることができます。その中の1つとして、ひかり電話があります。これはインターネット技術を利用したIP電話サービスであり、従来のアナログ電話と同じように電話の利用はできるものの大きく内容は異なります。料金面から見ると、従来の電話は距離に応じた料金体系であり、遠距離通話になると通話料金が高額になります。

 

これに比べて、ひかり電話は距離に依存しない料金体系であり、遠距離通話でも、同一市内と同じ料金で利用をすることができます。しかし、一方デメリットもあります。ベストエフォート型のインターネット回線を利用しているため、回線の輻輳などの品質低下により、音声品質も低下する可能性もあります。

 

また、従来の電話回線には電気信号も流れているため、電源利用が無くても通話が可能でした。これに比べてひかり電話は、光回線を終端するためのONUに電源が必要であり、電源環境が無いと利用ができません。そのため、停電時には利用が出来なくなってしまうということもあります。

 

この先、従来のアナログ電話をすべてひかり電話に置き換わる時代が来ると言われていますが、技術面の改良により、より使いやすいものになることを期待しております。