フレッツ光などの光サービスまでのインターネット回線歴史

インターネット回線は昨今は光回線が主流となっておりますが、これまでは様々な回線手段がありました。インターネットが家庭で利用し始めるようになった頃は普及は少なかったものの、アナログ電話回線で利用されることが主でした。

 

当時は今のような動画や画像などの重いコンテンツは少なく、アナログ回線のスピードでも十分に利用をすることができました。その後ISDNが主流となりました。ISDNは64kbpsと、アナログ回線に比べても高スピードで、さらに2つあるチャンネルを束ねることにより128kbpsのスピードで利用ができ、画期的でした。

 

このISDNを利用したサービスとして、フレッツISDNがNTTより開始されましたが、定額制料金で使い放題のサービスであり、家庭でのインターネット普及に繋がりました。その後、ADSLサービスが始りました。

 

ここからメガ単位のスピードが利用できる高速化の時代が始まりました。コンテンツも動画を利用したものも一気に増加することとなり、ゲームなど様々な遊びができるサイトも増えました。

 

その中でADSLが普及したキッカケはYahooBBです。YahooBBは低価格でこのADSLサービスを始めたことにより、各社で価格競争が起こりました。

 

また、問題はあるものの投売りのような販売手法により多くの家庭に普及しました。

 

このような歴史がありながら、光ファイバーによるインターネットサービスが普及しました。光サービスは、NTTによるフレッツ光から始まり、各社からもサービスが始まり、今では競争が激しくなっております。通信速度も当初は100Mbpsであったものが、今では1Gbpsまでのサービスまで高速化されました。今後も、インターネット回線の進化はさらに進んでいくのでしょうか。

 

今まではNTTのフレッツ光一強体制でしたが、モバイルルーターの浸透や電力系の光回線も人気が出てきています。特に携帯電話と組み合わせて割引が効くauひかりが利用者数を増やしています。

 

もし、自宅がauひかりのエリア内でauユーザーなら通信費を大幅に節約できる大チャンスです。詳しくはauひかりキャンペーンを確認してみてください。